top of page

プロの技に近づけるために




久しぶりに商品の写真を更新するため、また簡易撮影スタジオをこしらえました。

デスクスタンドと手ごろな黒い紙、反射板。

そして一番大事な、古いデジカメ。

もっといいカメラや、電気屋で売ってるような簡易スタジオセットを用意すればいいものが撮れるのでしょうが……。

なるべくお金はかけたくないので、すぐ用意できるものでいろいろ工夫しました。


アグニや牛角黒など、特に表面がツルツルしているものは周りからの反射が映りやすいので注意が必要です。

光源の数や、写真の場合はデスクスタンドの首の白もはっきりわかってしまいます。

さらに窓からの光も写り込むのは予想外でした。


そして背景の色も、真っ白の場合、柄のある印材や黒い印材は暗くなりすぎてつぶれてしまいます。

なので黒い紙を敷くことにしました。

これも過去の撮影から学んだことです。



印材を撮影する。

ただそれだけのことなのに、考えることがこんなにも多い。

なるほどプロカメラマンが必要になるわけです。

雇うだけのお金はうちにありませんが……。

うちに限らず、ネットショップの写真はみなさんいろいろ考えた結果なんですね。



これからもたまに撮りなおしては、こっそり商品ページの写真を入れ替えていくつもりです。


閲覧数:37回

最新記事

すべて表示
bottom of page