top of page

手彫りハンコの特徴

まず、手彫りハンコと機械彫りハンコの違いについてご説明いたします。



主に以下の違いが上げられます。


【手彫りハンコの特徴】

・捺しやすい綺麗な印面

 (印面調整により滑らかになる)

・機械彫りに比べて耐久性がある

 (手で彫る際に、断面で言うと台形の形になる。機械はまっすぐ)

・手彫りならではの温もりを感じられる

・同じものは二度と彫れないので、偽造は不可能

・時間をかけて丁寧に彫りあげる


【機械彫りハンコの特徴】

・彫るのが早い、安い

・パソコンから打ち出した字なので、味気ない、どれも似通ったものになる

・データさえあればいくらでも複製できるので、偽造されやすくなる

・線の交わる部分を彫るのが苦手。角を彫ることができない

・枠の太さが一定にならない場合がある

 (印材は一見同じに見えても、微妙に真円ではない。機械で同じように彫っても、中心がずれることがある)



実際に印影で見比べてみますと、

同じ印稿を使って彫ったとしても、これだけ差が出ます。

機械で彫るだけで、これだけ字が太ってしまう。

どちらが印稿に近いかは一目瞭然ですね。


大した違いには見えないかもしれませんが、これが実印や法人印など、たくさん文字が集まった状態ではどうでしょう?

だいぶぼたついた、重いハンコになるはずです。

せっかく作った印稿が台無しになってしまうのです。



こちらはイラストハンコの場合。

こちらの方が分かりやすいかもしれません。

細かい部分はだいぶつぶれてしまっています。



さらに機械彫りでは、細く微妙な曲線を彫ることが難しく、線がでこぼこになってしまいます。

入力したデータに忠実であるがゆえに、融通が効きません。

手彫りであればそこを考慮して、生きた線として彫りあげることが可能です。



手彫りは、図案をそのままそっくり彫るのではなく、途中で生じる不具合を修正しながら彫ることができるのです。


ほんのわずかな差ではありますが、その差にこだわることこそ、手で彫る理由。

そうすることで、押印する方の覚悟、想いに応えられると思います。



出来の悪いハンコを捺すことは、自らの価値を下げているのと同じことなのです。




参考↓



閲覧数:141回

最新記事

すべて表示

機械彫り、手仕上げ、完全手彫りはどう違う?

8通りもあるハンコの製造工程 ↑こちらのページでもご紹介しておりますが、ハンコを彫る方法はいろいろあります。 ここでは、それらを3つにまとめて解説します。 ■ 機械彫り フォントを使いソフトが字を配し、彫刻機が彫る。 そこに手仕事はありません。 最も安く早くハンコができ、職人も必要ないためだれにでもできます。 残念ながら、世に流通するハンコの9割がこの機械彫りで作られたものです。 大量生産された同

bottom of page